スルーラックsの副作用は!?

スルーラックs

妊娠中にスルーラックsなど市販の便秘薬を飲むことに抵抗はありませんか?おなかの赤ちゃんへの影響や副作用について考えてしまいますよね。

 

特に妊娠中、気になる副作用は

【子宮に強い刺激を与えることで流産や早産の危険性がある】

 

ということです。

 

そして赤ちゃんは母体と直結しているのでお母さんが飲んだ薬も赤ちゃんに伝わってしまいます。それがどのような影響を与えるのか
100%の安全は保証されていません。

 

 

スルーラックsの説明書きにも妊娠中は医師に相談、また、授乳中は服用を避けることとなっています。医師によって許可する場合もあるようですが、それは、便秘による母体へのリスクを考えてのことのようです。

 

どうしても苦痛な時は便秘薬を服用するのも仕方ありませんが(医師の許可がある場合)
“もしもの場合”を考えるとやっぱり薬は薬なのでリスクが心配です。

 

 

スルーラックのその他の副作用は?

 

  1. 常用することで効果がなくなる
  2. 効果がなくなることで量が増え、習慣化する
  3. 習慣化することで大腸の機能が衰える
  4. その結果、自力で排便出来なくなる

 

このことからも妊娠中に限らず、極力、やさしく安全な方法で自然にすっきりするようにしたいですよね。

スルーラックsは一時的に便秘を解消するだけ!

スルーラック 中身

便秘薬を飲んで便秘解消!!なんて大間違いです根本的な解決にはなっていません。

 

便秘を解消するなら腸内環境を整えることが先決です!

 

便秘薬は、お通じに密接な関係がある善玉菌を増やしたり、食物繊維や乳酸菌を摂り入れる訳ではないので。

 

スルーラックsなどの下剤は、腸を刺激して“一時的に出す”だけなんです。妊娠中だからこそ避けたいですよね。

 

妊娠中の便秘って?

妊娠中女性

妊娠中の便秘は、当然と言っても過言ではありません。

妊娠中は赤ちゃんが育つ子宮環境に整えるため通常の20倍黄体ホルモンが分泌されます。
その影響で、腸ぜんどう運動が低下します。また、このホルモンは、体の中に水分を溜める作用があるので腸の水分が不足して便が硬くなるのです。ですので、妊娠中は便秘になりやすいのです。

 

妊娠初期から始まって、中期以降は赤ちゃんの成長が著しく子宮が大きくなるにつれ腸を圧迫するので便秘になります。

 

妊娠中の運動不足も原因の1つです。

 

普段の便秘とは理由が違います!

妊娠中の便秘は自然回避で!

和食

赤ちゃんとお母さんのことを考えると便秘解消はスルーラックsなどの市販薬に頼らず自然にしたいもの。

 

便秘解消方法は

 

食事
運動
生活習慣

 

この3つを見直すことです。
妊娠中は特に食生活が重要です。食事に気を付けることで便秘改善につながりますよ。

 

 

妊娠中は赤ちゃんへ栄養が運ばれますよね。なので、より健康的な食生活が必要となります。
緑黄色野菜や海藻、乳酸菌などを多めに、妊娠中に不足する鉄分、カルシウムもきちんと摂りたいものです。食物繊維にはお通じと一緒に体に不必要なものを外へ排泄する働きがあるのでバランスよく摂りましょう。

 

和食中心が理想ですね!!

便秘薬っていったい!?

驚いている女性

妊娠中の辛い便秘・・・「便秘が解消できたら」と妊娠中でも下剤を使用する人が多くいますが一時的な効果に過ぎません。

 

実は、便秘薬を含む薬は、妊婦に対して臨床的に治験が行われた訳ではないので安全性はわかりません。薬とは、メリットや有用性が副作用以上で使われているものなんです。

 

安全な便秘解消は?

まずは腸内環境を整えることが重要です!
ということで、食物繊維や野菜などを積極的に摂ろうと思っても実際にはなかなか難しいことなんですね。

 

そこで、妊娠中の便秘改善効果が期待できる健康食品をご紹介します。

 

 

するっと抹茶

使用されている成分すべてが天然。食物繊維の王様と言われる「グア豆」がたっぷり配合されています。妊娠中に摂りたい鉄分やカルシウム、ビタミンなども豊富なんですよ。また、妊婦さんに不可欠とされている注目の成分「葉酸」も摂ることができます。おいしい抹茶味でデザート感覚で飲めますよ。

便秘に

 

センナやキャンドルブッシュなどの刺激物は入っていない珍しいお茶です。副作用の心配もありません。
妊婦さんの支持が多いのが特徴で、妊娠中の専門雑誌にも紹介されました。

 

⇒オススメの便秘解消食品『するっと抹茶』はこちら

 

 

 

 

便秘を解消してスッキリ妊娠ライフ♪

ママと赤ちゃん

便秘の悩みを解消し、体重も正常範囲内。他にも体調が良くなっていいことずくめ♪

なんと言ってもお母さんの健康状態は赤ちゃんにも影響します。

 

10ヶ月間の妊娠ライフを楽しんで、元気な赤ちゃんを産んで下さいね!

 

 

更新履歴